カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
アンティークのように次の世代へ引き継がれる価値のあるもの。長く使える本物志向で作られた良いものは、特に幼い子供たちの感性に響きます。そして、「子どもたちにも喜んでもらえる」。そんな素敵なアイテムをセレクトしお届けします。

アメリカ発パンパースの紙おむつとは?

赤ちゃんが生まれたらすぐ必要になる紙おむつ。

生まれたての新生児にも紙おむつが使われます。

病産院での使用率ナンバーワンといわれるのがパンパースの紙おむつ。

パンパースの公式サイトには、興味深いその歴史が紹介されています。

発案者は、アメリカ人の化学技術者、Victor Mills(ヴィクター・ミルズ)。

P&Gの技術者として勤務中、使い捨ておむつを発明し1950年代には、自分の孫息子で試していました。

当時の紙おむつ、布おむつは使い勝手が悪く、

「おむつ替えはあまり気持ちのいいものじゃない、もっとラクにできないか」

とヴィクター・ミルズは考えました。

その後、、既存の紙おむつとその実用性、それに対する消費者の反応などを時間をかけて研究します。そして、使い捨ての紙おむつの製品化を会社の様々な部署とともに始めたのがはじまりです。

「品質」を重視し改良、開発を重ねたパンパース。

今では、世界中の赤ちゃんやその両親はもちろんのこと、赤ちゃんのお世話に携わる多くの人々を助ける素晴らしい製品として知られ使われています。

※パンパース公式サイト、パンパース歴史よりhttps://www.jp.pampers.com/history

※P&Gイノベーションヒストリー 赤ちゃん用紙おむつ「パンパース」よりhttp://jp.pg.com/innovations/innov_pampers.jsp

パンパースのはじめての肌へのいちばん(テープ)のS、Mの魅力とは?

・極上のシルクのようなやわらかさ。

・「さらさらマジックトンネル」を採用し、赤ちゃんがおしりにはめていてもお肌がさらさらになるよう分散、吸収。

・いつでも360度フレッシュエア通気を搭載され、おむつかぶれから大切な赤ちゃんのお肌を守ります。

独自の穴あきメッシュは、開発当時にもあった紙おむのつの悩み、「赤ちゃんのウンチを吸収し、できるだけ肌にくっつきにくく」してあります。

また、赤ちゃんの小さな身体にもぴったりフィットするよう、テープとテープを重ねてとめても、はずれにくくしてあります。

いろいろなものが進化し便利になった現代。

中でも紙おむつは、子育て中の母親を支えてくれる最高のギフトアイテムではないでしょうか。

ページトップへ